観光、文化

絶景あり、歴史ありの「クレタ島」おすすめ観光スポット13選

オランダから3時間半の位置にあるギリシャのクレタ島に行ってきました。
いつもはオランダの情報をロカルでは提供していますが、クレタ島へ旅行して、すっかり魅了されてしまったので数記事に渡ってクレタ島旅行について書きたいと思います。

私がクレタ島に決めた理由は下記の5つでした。

①ヨーロッパ圏内(飛行機でオランダから直行便で3時間半)

②10月でも海で泳げる気温(10月の平均最高気温は23℃、最低気温は17℃。実際に行ったときは30度になる日もあり、夜でも半袖で過ごすことができました。)

③美しい山や海など自然を満喫できる(世界的に有名なビーチが沢山あり、案外山も多い(クレタ島で一番標高が高い山は2,456 m))

④歴史がある(紀元前3000年頃のヨーロッパ最古の高度文明があったり、ギリシャ神話の話にもよく出てくる)

⑤食べ物がおいしい(オリーブオイルやワインなどが有名。生活習慣病対策を減らすと研究で裏付けられた地中海食の中でも特にクレタ島の食事はヘルシーで有名とのこと。)

クレタ島はヨーロッパで上に書いた条件を全て満たしている数少ない場所でした。
実際に行ってみてたくさんの観光スポットがあり、大満足しています!
では、早速クレタ島で行った観光地についてご紹介したいと思います。

イラクリオン周辺(Heraklion)

・クノッソス宮殿(Knossos)
紀元前1900年頃に建てられ、ヨーロッパ最古の高度文明「ミノア文明」の建築物。当時、地上3階、地下4階という巨大な建物で1000から2000人ほどがここ宮殿に住んでいたと考えられています。宮殿内は複雑な構造でできており、この宮殿が「迷宮(ラビリンス)」という言葉の語源になったと言われています。水道や排水溝などの設備も整っていて当時の最先端の建築技術が駆使されていたこともうかがえます。実際に訪れて想像以上のスケールで、紀元前の技術でここまでできるのかと衝撃でした。
クレタ島で最大の観光地で、入場するために30分くらい並びました。ガタガタ道や階段があるため、歩きやすい靴がおすすめです。小さいお子様と一緒に行かれる方はベビーカーよりも抱っこひもの方がおすすめです。ちなみに入場の際にはコロナパス提示必須でした。

所要時間:2時間くら
入場料:15ユーロ
所在地:Φειδίου 8, Ηράκλειο 714 09

・イラクリオン古代博物館(Heraklion Archaeological Museum)
ここも人気らしく、入場するのに長蛇の列ができていました(約30分待ち)。スタッフの方に聞いたところ14時から15時が一番多い時間だそうです。
下調べをあまりしないで行ったのですが、ミノア文明をはじめ沢山の紀元前のフレスコ画や器などなど美しい保存状態で展示されており感動しました。そしてこの博物館内のほとんどのものがクレタ島で出土されたものということなので驚きです。すごく大きな博物館というわけではないですが、展示物が豊富で見ごたえがありました。ここもコロナパスの提示必須でした。クノッソス宮殿と一緒に回れる割引チケット(20ユーロ)もありました。

所要時間:1時間半くらい
入場料:10ユーロ
所在地:Ξανθουδίδη και, Χατζηδάκη 1, Ηράκλειο 712 02

レシムノン周辺(Rethymnon)

・旧市街(Old Town)
旧市街にはカラフルなベネチア様式の建物がずらりと並んでいます。治安はよく、活気があり、歩いているだけで楽しかったです。
美味しいレストランもたくさんありました!(次回の記事でおすすめレストランをお伝えしたいと思います。)
また、たくさんの小洒落たお土産屋さんがあり、夜10時くらいでも開いていたので、夜ぶらぶら歩くのも楽しかったです!

・手作りフィロワークショップ(Handmade Traditional Philo Workshop)
86歳のおじいさんが伝統的な手法で「フィロ」というギリシャのお菓子をストイックに手作りしている工房を見学することができます。フィロ作りは作業工程が多く手がかかるため、現在市場に出回っているフィロのほとんどが機械化されているらしく、手作りのフィロを食べれる場所はかなり少ないんだとか。
甘いお菓子ですが、他のパティスリーのものと比べると甘さ控えめでした。(それでもかなり甘いですが。笑)ちなみに写真のフィロ4つ入りセットは8ユーロでした。写真だと分かりづらいのですが、一つが手のひらサイズとかなり大きいフィロでした。

↓Youtubeでも特集が組まれるほど人気のおじいさんのようです。見学は無料ですし、レシムノンを訪れる方にはお勧めのスポットです。

所要時間:10分くらい
見学料:無料
所在地:30, Βερνάρδου, Ρέθυμνο 731 33

・アルカディ修道院(Arkadi Monastery)
レシムノン旧市街から車で約30分のところにある修道院です。16世紀に建てられたギリシャ正教会の修道院で現在は修道士の方々が歩いていたり、猫が寝ていたり、数々のハーブなどの植物が育ててありとても平和な雰囲気ですが、1866年オスマン帝国からの独立闘争で700人の婦女子が集団自決を行った場所でクレタ島のホロコーストとも呼ばれている場所です。生々しい銃弾の跡や自決した火薬庫がそのまま残されていて宗教とはと深く考えさせられました。

所要時間:1時間半くらい
見学料:無料
所在地:Μόνη Αρκαδίου 741 00

その他

・バロスラグーン(Balos Lagoon)
車でも行けるそうですが、道がかなり悪く運転が大変だったと友人から聞いていたので、キサモス港から一日中楽しめるクルーズツアーを申し込みました。

バロスラグーンは沖合まで歩けるほどの遠浅のビーチでした。眩しいほどの白い砂浜に混じり、砂のように細かい粒となったピンク色のサンゴ礁を波打つたびに見ることができます。海の色もターコイズ色でまさに楽園という言葉がぴったりのビーチでした。実はチャールズ皇太子とダイアナ妃も新婚旅行でここのバロス・ラグーンで泳いだんだとか。
クルーズ船の中でもビーチパラソルを借りれますが、砂がさらさら過ぎてパラソルをさすことが難しいので、ビーチに設置されているパラソル付きのビーチベッドを借りた方がいいと思います♪
ツアーでは途中でグラムボウサ(Gramvousa)島にも立ち寄りました。ちょっとした山道をハイキングしたり、海で泳いだりとても気持ちよかったです。

所要時間:約7時間くらい
ツアー料金:大人25ユーロ
ツアー会社:https://www.cretandailycruises.com/default.aspx

・マタラビーチ(Matala Beach)
クレタ島でユニークなビーチの一つのマタラビーチ。ギリシャ神話の中にゼウスが白い牡牛に変身してエウロペをビーチに導いたという話がありますが、そのビーチはこのマタラビーチだそうです。(エウロペはその後、クノッソス宮殿を築いたと言われるミノス王を産んだらしく神話が繋がっていて面白いです。)

70年代に世界中からヒッピーがマタラビーチの洞窟に住んでいたことから(洞窟を破壊する行為があったため数年で退去させられたらしいですが)現在はヒッピーなビーチとして人気の観光スポットとなっていて、町のあちこちにヒッピーなウォールアートがあります。
白い砂浜ではなかったのですが海はとても綺麗で、なにより街並みがすごくかわいかったのでこのエリアに一泊したかったなと思いました。

まだまだある!クレタ島の観光スポット

私は1週間クレタ島には滞在しましたが、時間がなく訪れることができなかった魅力的な観光地が他にも沢山あるのでご紹介したいと思います。

・エラフォニシビーチ(Elafonissi Beach)
クレタ島ではバロスビーチと並んで人気のエラフォニシビーチ。砕けた貝殻が砂に混じってピンクに見える砂浜が有名です。2016年にはTripAdvisorにてヨーロッパで2番目に美しいビーチとして選ばれたそうです。

・セイタンリマニア(Seitan Limania Beach)
まさに秘境といった雰囲気で実は一番行きたかったビーチなのですが、赤ちゃん同伴では厳しそうな山道があったため今回は断念しました。友人は一番印象に残ったビーチと言っていていました。いつかまたクレタ島に行く時は訪れたいです♪

・プレヴェリビーチ(Preveli Beach)
野生のヤシの木がこれでもかってくらい生い茂っていてトロピカルな雰囲気のビーチ。地元の人は「パームビーチ」と呼ぶそうです。こんなヤシの木に囲まれて泳いだら気持ちよさそうだなと思いました。

・ハニア(Chaniá)
クレタ島で二番目に大きな都市でカラフルなベネチアン様式の港が美しい町だそうです。私の友人はここに宿泊したそうです。おしゃれなカフェも沢山あるんだとか!

・スピナロンガ(Spinalonga)
クレタ島の北東海岸に位置する島で、 16世紀のベネチアの占領禍に要塞が建設されました。ギリシャ独立後はハンセン病の強制収容所にもなっていたんだとか。

・ディクテオン洞窟(Psychro Cave)
ギリシャ神話で全知全能の神、ゼウスが生まれ育った洞窟はディクテオン山脈にあるこの洞窟だと言われているそうです。ギリシャ神話好きにはたまらないスポットだと思います!

クレタ島での気づき!

クレタ島に行ってみて実際に感じたことをご紹介したいと思います。

・クレタ人もクレタに訪れている観光客も優しい人が多い。
・英語話せる人ばかり。レストランメニューも道路標識も英語表記あり。
・野良猫に時々出くわす。野良犬はヘラクリオンの中心街で3匹見ただけだった。
・レストランは基本的にどこでも美味しかったけど、特に海沿いではないレストランは特に美味しかった。
・建設中に見える家屋をよく見たけど、ギリシャでは建設中の家屋は税金が免除されるらしくわざと建設中のフリをしている家もあるらしい
・レストランの費用は日本と同じくらい。オランダの半分くらい。
・スーパーの物価は日本と同じくらい。オランダよりやや高い。
・日本食はそこまで普及してなさそう。
・高速は道がきれいで走りやすい!(高速の料金は無料)
・夜の高速は街燈がない山道が多くかなり怖かったです。レンタカーを予定している方は日没前に行動を。
・中心街はどこも車が多かったり、道が狭かったり、急に道路を歩きだす人がいたり結構運転しづらかったです。レンタカーは大きすぎる車だと運転が大変かも。
・トイレは全体的にきれいなところが多かったけど、トイレットペーパーは便器に流さずトイレ側に設置されているゴミ箱に入れる。
・サントリー二島までのボートツアーもあるらしい。


豊かな自然と歴史的なスポットが魅力のクレタ島。日本ではそこまでメジャーな場所ではありませんが、1年を通して温暖な気候で訪れる価値は十分あると思います!是非クレタ島へ行かれる際はこの記事を参考にしていただけたら幸いです♪

ABOUT ME
maiko
ユトレヒト郊外在住のMaikoです。オランダ人と結婚し渡蘭し、現在はお仕事しながら、0歳児の母としてオランダ生活を楽しんでいます!抹茶、音楽、ビール、食器が大好きです。そして、最近はヨーロッパ史にハマっています。
関連記事